JPN

SOLUTIONS

コア技術

モベンシスの独自技術である「ソフトモーション」と「ソフトマスタ」は、パソコンのマルチコアCPUの演算能力を最大限に活かして、 NCボードや専用コントローラの代わりに市販のWindowsパソコンにインストールしたソフトウェアのみによって、 高速多軸同期モーション制御やフィールド通信制御を実現する画期的なソフトウェア技術です。 このコア技術をベースにして、第4次産業革命時代をリードするソフトモーションコントローラ”WMX”が製品化されました。

ソフトマスタ

ソフトマスタ

ソフトマスタは、ソフトウェアで設計されたモベンシスの独自のフィールドバス通信技術であり、 イーサネットベースのソフトウェアタイプのフィールドバス通信技術であるEtherCAT、CC-Link IE TSN、Real-time Express(RTEX)、MECHATROLINK の通信技術を提供しています。

EtherCAT

イーサネットベースの産業用標準フィールドネットワークです。モベンシスはアジアで初めてソフトウェアベースのEtherCATマスタスタックを独自開発し、モーションコントローラプラットフォームとして提供しております。

<EtherCAT特性を最大に活用することができるClass Aレベルのな機能を提供>


128軸を1ms16軸を0.125msの速度で完全同期制御、制御軸を複速度に分離可能

なメカ製EtherCAT Slave製品との高い性を(図参)

10年以上の量産装置適用を通じて証明された、業界トップクラスの性能と信

DualCycle対応(なったつの通信周期制御可能) 


<>


優れた性能

- 係なく、ド間における±5ns以下のDC同期精度で、同期化の負荷減少

- 最大0.125ms(8KHz)の通信周期

- 一般産業用フィルドバスシステムに比べ、25~30%CPU負荷減少

優れた柔軟性

- ライン、ツリ、スタ、二重化ドが混合された可能

- 自動接続検機能で、ネットワの個別ノドとのおよび再接可能

- 機器の動作中のデバイス交換が可能(HotConnectCable RedundancyFlexible network topologyconfiguration)

高い利便性

- アドレス自動的に割りてるため、ネットワ設定が不要

- ネットワクエラの診が容易

オープンアーキテクチャ

EtherCATに対応するあらゆるモジュールと接続可能

ユーザが直接EtherCATマスタとスレーブの開発が可能

  (99.9%の製品互換性、継続的な互換性アップデト、なベンダ製品を同時に使用可能)

世界で認められた技術

世界の半導体およびディスプレイ装置、医療機器、測定機器などに幅広く採用

 

CC-Link IE TSN

サネット通信の通信域を時分割多重化し、優先度制御を通じて定時性確保(リアルタイム)を可能にするTSN(Time Sensitive Networking)技術を適用した産業用フィルドバスネットワです。

な機器を利用した柔軟なシステム構築が可能であり、優れた管理機能を備えているため、工場全体のIoTインフラ構築に最適です。また、高速大容量通信を提供するプロトコルは、Tact Timeを短縮し、生産性を向上させることができます。

 

RTEX

Realtime Express(RTEX)は、サーボに要求される高度なリアルタイム性を実現するためにPanasonicが独自開発した先進の産業用フィールドバスネットワークです。通信速度は100Mbpsと非常に高速でありながら、市販のLANケーブルの使用によりシステムコストを低く抑えることができるため、高速化と低コスト化の両立が強く要求される半導体・液晶製造装置や電子部品実装機などで多く採用されています。
また、プロトコルが非常にシンプルなので、一般的なモーションネットワークよりも容易に上位コントローラを開発することができます。※別途専用ボードが必要。

 

MECHATROLINK- Ⅲ

MECHATROLINK-Ⅲは、コントローラと各種コンポーネントを接続する産業用オープンフィールドネットワークです。​高速な通信と同期性の保証により、システムの高速化、高機能化を実現します。また、シンプルなケーブルの接続により、システムの省配線、小型化、容易な拡張性を可能にします。

物理層にイーサネットの技術を利用することにより、100Mbpsの高速通信を実現しました。尚かつ、モーション制御に必要な高速サイクリック通信と、大容量メッセージ通信を実現しながら、62スレーブにおける完全同期をASICで実現します。※別途専用ボードが必要。